奉仕と親睦活動

Activity

職業奉仕

職業奉仕

ロータリアンは自分の職業を通して、人の為、地域社会の為に役立つことが重要であり、職業奉仕はその根幹をなすものであり、利己と利他の調和が大事であると言われます。

今年度は新たなSNSツールとしてInstagramを積極的に活用しながら、職業上の高い倫理基準を保ち、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにしている会員の紹介を行っていきます。

社会奉仕

社会奉仕

東京立川ロータリークラブの共同事業で、本年で47回目を迎えます。
今年度も航空自衛隊航空中央音楽隊の皆様による演奏がおこなわれ、会場のたましんRISURUホール(大ホール)もクリスマスムード一色になります。
入場無料で毎年多くの来場者が集まり、当日は会員自らチャリティ募金箱を持ち募金を集め、集まった浄財は必要としている団体等に寄付をされます。

青少年奉仕

青少年奉仕

毎年第一小学校で「英会話バスケットボール教室」を地元の3人制プロバスケットボールチームTACHIKAWA DICEの選手を招いて主催しております。

2メートル前後の選手たちとバスケットボールをしたり、簡単な英会話を楽しく学ぶことで、生徒の心に刻む授業が出来たと価値ある事業を開催しております。

国際奉仕

国際奉仕

クリスマス・ドロップ作戦は1952年に始まりました。東京立川こぶしロータリークラブは継続事業としてクリスマスドロップを支援しています。
WB-50(B-29の改良型)の搭乗員がミクロネシアのカピンガマランギ環礁上空を飛行中、クリスマスのお裾分けとして搭載物資をパラシュートで投下したことがきっかけです。これが恒例となって、現在では50以上の島々に住む、2万人あまりの住民に支援物資をクリスマスプレゼントとして投下しています。

米山奨学生のご紹介
2018.06.20

米山奨学生のご紹介

今年度も当クラブでは米山奨学生受け入れを実施しております。 今年度は、国士舘大学文学部4年生で教育学を学んでいる「カディル アブドゥール ユマックさん」です。 米山奨学生は、財団法人ロータリー米山記念奨学会が、勉学・研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリークラブ会員の寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学財団事業です。 カディルさんは、トルコ人で日本の教 …